PHILOSOPHY

国土の70%が森林で、30%の人工林の他に、40%を里山(広葉樹二次林)が占める私たちの国。日本では、森林・木材こそが最大の資源と言えるのではないでしょうか。清純な空気も水も、風景も、そして、森林を中心に広がり、繋がり、紡いできた技術や文化や歴史、それら全てが私たちの資産であるように思われます。
古来から森林と共生してきた日本人は、ずっと森の恵みを受けてきました。時代の変化の中でその形は変われど、私たちには森の恵みが必要です。同時に、数多の年数をかけて人の関与を前提に創り上げられた森にも、適切な人の関与が必要です。

株式会社四国の右下木の会社は、ここ四国の右下で、今一度、森を中心にした、人と森の新たな関係を、森と人の営みの新たな循環モデルを創り上げたいと考えています。この地の先人達が築き上げた「樵木林業」の思想を継承し、自らが森に関与し、木に森に、新たな価値を生み出します。そして、プロダクトや提供サービスを通じて、多くの人が森林の受益者となる「森林関係人口」を創出して参ります。

※「樵木」「森林関係人口」「地炎地食」は、
(株)四国の右下木の会社の登録商標です。

MESSAGE

代表の写真

なりわいも産業も経済も
文化、歴史も森を中心に

代表取締役 吉田 基晴 Motoharu Yoshida

自宅に薪ストーブを設置した私は、薪づくりを通じて森に入り、木に触れ、木々のこと森林のこと山のこと、そして、この地域をも知るようになりました。
ここ四国の右下は、ウバメガシやアラカシなど、上質な薪や炭の原材料となる照葉樹が多産し、生産された薪や炭は、人々の暮らしを支えていました。
先人達は、適齢木を選んで伐る「択伐(たくばつ)」と、伐採株から芽を出し育つ照葉樹の萌芽力を活かした、林業技法「樵木林業(こりきりんぎょう)※2017年度 日本森林学会 林業遺産登録」を確立させました。樵木林業は、高い経済性を持った循環型の持続可能な森を創り上げ、薪炭燃料の一大供給地として、関西都市圏のエネルギーをも支えました。数百年を経た今も、日和佐地区のシティプライドとも言える、県内の最大規模の秋祭りや「ちょうさ(太鼓屋台)」は、薪炭産業による関西との交易・交流に起源を有しています。なりわい、産業、経済、そして文化、歴史も森を中心に成立していました。ここ四国の右下は、照葉樹林に大きな恩恵を受けてきたのです。
木質燃料が化石燃料に転換されたエネルギー革命。化学肥料の普及による肥料革命。また、戦後一気に広がった針葉樹林の、貿易の自由化による市場価値の低下。これらを機に、私たちは資源確保の場だった森林から距離を置くようになりました。あれほど大切にされた森林は経済的価値を失い、人々は森への関与を無くしていったのです。
放置され、孤児のようになった森は木々で飽和し、青々と繁茂する姿の裏で、様々な問題を生み出しています。ここ四国の右下の森も、伐採や手入れが途絶えた結果、大径化も進み、虫害や倒木が広がりつつあります。空気や水を浄化し、人も、川や海の生き物も養う森林が、その循環を止めつつあるのです。
人が山に関与し続けるには、理想や知識だけでなく、経済的動機が必要です。私たちは今一度、木々に森林に価値を産み出すことで、木材需要のエンジンとなることで、人と森との持続可能な関係を再構築してまいります。四国の右下木の会社の挑戦にご期待ください。

STAFF

  • 代表取締役

    吉田 基晴Motoharu Yoshida

    全国の地域振興支援を通して得た経験から、森林資源の利活用による森林国家日本の再興に挑む。

    日本人の暮らしや文化を支えてきた、我が国最大の資源とも言える森林が社会課題になりつつあります。今一度、森林の価値、木々の価値を再構築することで、日本を森林から元気にします。

  • 取締役/ストラテジックデザイナー

    能沢 和寛Kazuhiro Nozawa

    社内の多様なプロジェクトを把握し、全体像とその関係性を統合的に捉えた戦略を策定。アイデアから実践までの橋渡しを担う。

    森林には、ヒト、モノ、コトをつなげる媒介としての可能性が、まだまだあると考えています。その可能性を模索しながら、私たちだからできる豊かさの創造に挑戦していきたいと思います。

  • 取締役/製炭責任者

    椎名 洋光Hiromitsu Siina

    備長炭品質の維持・向上を探求する製炭責任者。製炭士としての豊富な経験と知識を活かして木との向き合い方を牽引する。

    四国の右下を支えた林業技術「樵木林業」。歴史ある山づくりによって育まれた素晴らしい自然資源を、現代の製炭技術と組み合わせ、100年先に繋がる地域産業の構築を目指します。

  • チーフフォレスター

    林 宏通Hiromichi Hayashi

    常に100年先の森林を見据える伐採責任者。最適な森林と人の在り方を追求し続ける。

    自然環境では「競争」もありますが、それは「共生」のプロセスとして起こるように感じます。自然の恵みを仕事としていく上で、常に「競争」と「共生」のバランスを考えていきたいと思います。

  • フォレスター

    青木 壯之Takeyuki Aoki

    とくしま林業アカデミー7期卒業生。循環林の再生に向けて、試行錯誤繰り返しながら現代社会での樵木林業復興に取り組む。

    「樵木林業」この言葉がいつか里山の再生、森林の再生に繋がる言葉として認識されるよう日々考えながら作業しています。鬱蒼とした場所を伐採して整え綺麗になったなと見渡した時、嬉しくなります。

  • フォレスター

    永島 侑志Yuji Nagashima

    伐採、作道、森林評価など現場で幅広く活躍する。森林の総合的な価値向上に向けて、日々の業務に従事。

    すべての自然の恵みの根源は森林だと考えています。しかし、その森林が問題視されています。多くの人に魅力を知ってもらうために、豊かな森林作りに取り組んでいます。

  • 製炭士

    中島 陽Yo Nakashima

    育林・伐採の技法から窯づくりまでを幅広くを学ぶ製炭士。森林資源に付加価値を高め、里山を活用した産業振興を目指す。

    人によって管理されてきた自然である里山の復活には、再び人が手を入れる事が必須だと考えています。里山に手を入れることが、出費ではなく利益に繋がるという事を製炭を通して証明できるよう、安定した品質と生産数を目指して精進します。

  • 業務推進

    林 麻子Asako Hayashi

    経理や事務の業務全般を一手に担い事業活動を包括的に支援。森林資源の持続的な活用に向けて、公私共に活動を行っている。

    子どもたちの未来に、日本の豊かな自然資本を持続的に活用して生活できる社会を残したいとの思いから、一緒にお仕事させていただいています。

  • 事業開発

    鳥越 洋平Yohei Torigoe

    経営と現場の目線を持ち合わせて、各プロジェクトの推進を担う。行動力と分析力で、森林資源活用の社会実装のむけて課題解決に取り組む。

    きれいごとでなく、過去成立していたであろう「自然と経済のバランス」を現代に合った状態で成り立たせるために日々模索しています。

ADVISER

  • 橋本忠久

    作道アドバイザー

    橋本 忠久Tadahisa Hashimoto

    近代樵木林業の大動脈となる作業道づくりをサポート

    「継続」この言葉を全ての判断基準にしています。
    「しっかりと 丁寧に 美しく」この3つを作業をしていく上で常に意識しています。

    • 略歴

      徳島県那賀町出身、東京農業大学卒。
      2001年より仙台から家業の専業自伐林家を営む。
      「内閣総理大臣賞」「旭日単光章」受賞の父母と共に大橋慶三郎氏考案の作業道づくりを継承・実践。
      低環境負荷にして強靭な作道指導を全国各地で精力的に行っている。

OUTLINE

会社概要 株式会社四国の右下木の会社
代表取締役 吉田 基晴
設立 2021年4月16日
所在地 〒779−2305 徳島県海部郡美波町奥河内字弁才天54-5
資本金 6,700 万円